銀行界の中では比較的最近できた楽天銀行。
新しい金融機関ということで、そのカードローンも今までにない新しい機能を持っています。
審査も通りやすいとの噂なので、このローンについて迫ってみましょう。


専業主婦でも使える銀行カードローン

大きな特徴の一つに、収入を持たない専業主婦でも使えるカードローンであるということがあげられます。
本来働いていない人はなかなかお金を借りることは難しいと言われていますが、楽天銀行は50万円までなら借りてもよいとしているのです。
銀行カードローンでこのようなサービスを持ったものはあまり見かけませんから嬉しいですね。
専業主婦で借り入れをしたいと思っている方がいたら、ぜひこのローンを利用してみましょう。


審査が通りやすいと言われているワケ

楽天銀行のカードローンの審査が通りやすいと言われているのは、やはり新しい銀行がゆえのことのようです。
はっきりとしたことはわかりませんが、新企業は利用者を集めて利益を確保する必要がありますから、審査をゆるくして顧客を獲得しているのかもしれません。
他の銀行の審査に落ちてしまって、かつ銀行のカードローンにこだわりたいという方は、楽天銀行に申し込んでみるといいかもしれませんね。

銀行カードローンは、低金利・高額な借入限度額・総量規制対象外というように様々なメリットを持ったローンです。
それゆえに人気が高く、消費者金融と比較すると若干審査に通りづらいという話があります。
では、このローンに通るためにはどのようなことに気をつければいいでしょうか。


銀行カードローンには高い信用が必要とされる

過去に多くの会社から借り入れを行っていた人、返済の延滞を起こしてしまった人、債務整理を行ったことのある人は、まず銀行カードローンを利用することは難しいでしょう。
私たちには一人一人信用情報というものがあり、それを管理している会社があるのですが、そこから金融機関側にすべての情報が行き渡っているのです。
そのため過去の問題はすべて記録されていますし、申し込みの際に書く書類に嘘の記載をしてもすぐにわかってしまいます。
このローンを利用するには、高い信用が必要不可欠なのです。


カードローン初めての人は銀行からやるといいかも

逆に、過去の借り入れ履歴がない人、つまり今まで一度もキャッシングをしてこなかった人は銀行からローンを始めてみるといいかも知れません。
信用情報がクリアなうちに審査を受ければ通過しやすくなると考えられるからです。
そのため、銀行のものを利用したいなら早めに申しこみをしましょう。

カードローンの審査に通る人と通らない人には、それぞれ特徴があるのをご存知ですか?
それを知っておくことで、あなたも通過できる人になりますよ。


カードローンの審査はとにかく返済能力のアピールが大事

当たり前のことですが、金融機関はお金をきちんと返してくれる人にのみ貸したいと思っています。
なぜなら利息はローン会社側の利益となるからです。
では、どのようにして貸し出す人を選んでいるかというと、まずは収入の有無や勤続年数、年収といった利用者の金銭に関わることを見ています。
お金を借りて返すだけの余裕があるかどうかが見定められるのです。
逆に収入がない無職の方や専業主婦の方は審査に通りにくいと言われているので気をつけましょう。
アルバイトやパートの方は、仮に通ったとしても借入限度額が低めに設定されます。


過去のローン利用履歴を見直そう

収入と同じくらい重要視されるのが過去の借り入れ履歴です。
今までにどれくらいの金額を借りたか、何件の会社から借金をしたかなどを見られます。
特に件数には注意してほしいのですが、これが多ければ多いほど信用度が下がってしまいます。
各社からの信用が低いために少額を多数の会社から借りているのだと思われているからです。
過去に借りすぎたという方は、銀行や大手の消費者金融から新たにカードローンを利用するのは難しいかもしれないので了承してください。

消費者金融には、アコムやプロミスといった大手から、地方を拠点に活動している中小のものまで幅広くあります。
今回はあまり知られていない後者について紹介していきます。


中小の会社のカードローンはこんな感じ

中小の消費者金融の会社は個人経営のところが多く、東京に展開しているところが少ないのが特徴です。
そのため地方の一定の地域・都道府県に限られる場合が多いです。
内容としては、女性専用のキャッシングから自己破産した人向けの借り入れを行っているものまであり、大手や銀行が扱わなそうな範囲までサービスを広げています。
有名な会社のカードローンを利用しようとしたけど自分にあったものがないな…と感じた人、そして審査に落ち続けてしまったという人は中小のキャッシングを利用するのがいいかもしれません。


審査はゆるいか?

さて肝心のカードローンの審査ですが、比較的ゆるいと言われています。
自己破産を扱うようなところもあるくらいですから、そんなに厳しくないのかもしれません。
しかし、中にはヤミ金に似たような悪質な金利や制度を採用しているところもあるので十分注意してください。
大手などと違いCMで宣伝されていないためその実態がつかみづらいと思いますが、事前にネットなどで調べておきましょう。